MENU

セミナー申込・ツール購入はこちらセミナー申込・ツール購入はこちら

20回さするだけで筋肉が柔らかくなる

"魔法のステンレスツール" スキンストレッチ®

筋膜リリースをはるかに超えたといわれるスキンストレッチ®

そもそも、筋膜リリースとは?

「筋膜」とは、筋肉や骨、心臓など全ての臓器を包み込んでいる膜のことで、全身を覆っていることから「第二の骨格」とも呼ばれます。

また最近よく聞く「ファシア」とは、この筋膜に加え、同種のコラーゲン性結合組織を含んだ総称のことで、例えばアキレス腱のような腱・靭帯も、形を変えた筋膜です。

通常、皮膚・浅筋膜(せんきんまく)・筋肉の間は、「滑走(かっそう)」というすべり合いにより、スムーズに動きます。

柔らかい膜で筋肉との滑走が良くなると、軽快に大きな動きが出来るようになるわけです。

逆に、じっとしている状態が続いたり、トレーニングなど特定の部位が疲労すると膜が硬くなり、膜と筋肉との間の滑走(すべり)が悪くなります。

また、疲労や老化によって筋膜細胞の減少や弾力性が無くなると、滑走が悪くなり、痛みが出たり動きにくくなり、柔軟性も低下します。

一般的な肩こりや腰痛の原因の多くも、この滑走の悪化が要因とみられています。

従って、その膜と筋肉との間にある組織(結合組織)が癒着している状態を開放(リリース)させることが大切になりますが、これが一般的に「筋膜リリース」と呼ばれています。

現在、医療でもハイドロリリースという生理食塩水を注入する技術がありますが、筋膜などの膜をスキンストレッチなどで柔らかくしておかないと、癒着はもとに戻りやすいのです。

単なるボールのグリグリは、マッサージとしては気持ちいいかもしれませんが、浅筋膜と筋肉の滑走を良くすることは出来ません。

スキンストレッチ® は、軽くさするだけ

筋膜に良い効果を与えようと、軽い石のような物やチタン、プラスティックなど軽いものを使う場合、強くさするようになり、アザ(内出血)が出来たりし、効果も期待できません。

スキンストレッチ®は、軽くさするだけで効果が出るように、ツールの重さ、エッジの角度、形状を計算して製作しています。(アメリカ、ヨーロッパなどで意匠登録取得済)

それにより、浅筋膜の滑走を良くし、痛みの軽減や柔軟性を改善します。

20回以上こすることによって筋肉の硬さが低下した、という研究成果もあります。

セミナーで一般の方もさらに深く学べます。

レベル1(ベーシックコース)は税別8,000円で受講可能。

一般の方、部活の父兄さま、スポーツ愛好者、美容やヨガの先生などお気軽に受講可能です。

更に、深く学びたい方向けには、レベル2・3の認定セミナーもご用意しております。

ツールのご紹介

基本ツール「ドルフィン」

基本ツール「ドルフィン

手軽な大きさで、すぐ使える形状が特徴。

ロングツール「シーガル」

ロングツール「シーガル

背中など広い幅のケアに最適な形状。

アメリカでは、セット価格で数十万円もするステンレス製ケア商品。

当社では、純日本製の最高級ステンレスを使用しながら、リーズナブルな価格を実現しました。

お手入れを正しく行えば錆びることが無い、一生もののケア商品として使えます。

最適なエッヂ角度の追求、服の上からの施術が可能、方向性(施術する方向)が明確といった、使い勝手の良さも特徴です。

ツール購入はこちら

一流アスリートも活用中

一流アスリートも活用中

著名な五輪選手・日本代表選手も

Read More

幅広くご利用中

幅広くご利用中

舞台俳優からご高齢者まで

Read More

セミナーで更に深く学べます

広報誌「skinstretch® press」
活用事例など紹介しています。

Read More
広報誌「skinstretch® press」